HOME >  英会話スクール選びでの注意点は? >  適正な料金で習える?

適正な料金で習える?

英会話スクールの料金相場はいったいどのくらいなのでしょうか。ここでは英会話スクール選びの注意点として、スクール料金について見ていきます。

おすすめは月謝制。高額な教材費は要注意

多くの英会話スクールでは、「入会金」「レッスン料」「教材費(テキスト代)」の3つの費用形態をとっています。

わたしたちはレッスン料だけに目がゆきがちですし、英会話スクール側もそこを強調しがちです。しかし、レッスン料だけでなく入会金や教材費も含めたトータル料金で考える必要があります。

たとえば、他スクールよりも安いレッスン料に魅力を感じて申し込みにいったものの、「入会金や教材費をいれると結果的に高かった」というケースも少なくありません。

また、支払方法についても事前にチェックしておくべきでしょう。一般的には入会時に一括で費用算出され、その料金を求められます。支払い方法は一括払い、ローン払い、月謝制などがありますが、おすすめなのは月謝制

一括払いだと経済的負担が大きいですし、ローンだとひと月あたりの負担は軽くなるものの、途中で退会したいときなどにリスクがあります。とくに会社勤めをしている場合、転職や転勤などの可能性もあり、ローンでの支払いはそれなりの覚悟が必要です。

その点、月謝制ならば支払いトラブルになることも少なく、一括払いよりも初期費用を抑えられるというメリットがあります。 できれば月謝制、もしくは月謝払いの選択ができる英会話スクールを選ぶと、レッスンに集中できる環境を整えられるでしょう。

参考にしたい!費用相場

最後に、参考までに新宿エリアの英会話スクールを例に、費用相場をまとめておきます。 入会金は25,000円前後が相場で、高いところで30,000円以上、安いところで15,000円ほど。

リンゲージ、NOVAなどは入荷金は0円です。レッスン料はいずれも40分~50分の講義時間で、1対1のプライベートレッスンが5,000円~7,000円グループレッスンは3,000円前後がひとつの目安だといえます。

しかし、入会金、レッスン料はある程度相場感はつかめますが、教材費についてはまちまちなのが現実。数千円のところもあれば10,000円~20,000円のところも。なかには100,000円もする教材が必要なスクールもあるので、あまりに高額な場合はよく考えてから入会してください。

目的別で選ぶ!横浜でおすすめの英会話スクール

目的別で選ぶ!横浜でおすすめの英会話スクール