HOME >  英会話スクール選びでの注意点は? >  大手だからと安心している?

大手だからと安心している?

英会話スクールには大手と中小規模がありますが、どちらの教室を選ぶとよいのでしょう。ここでは、大手・中小の利点・欠点などとともに、英会話スクール選びのポイントを紹介します。

メリット・デメリットを理解することが第一

英会話スクールにはテレビCMや雑誌広告などでおなじみの「大手スクール」と、個人経営やローカルな「中小規模スクール」とがあります。スク-ル選びにおいては、どちらの教室に通うほうが正解なのでしょうか。

答えを言ってしまうと、「どちらも正解であって、どちらも不正解」ということ。大手・中小スクールそれぞれにメリット、デメリットがあり、一概に「どちらがいい」「どちらが悪い」とは言えないのです。

それぞれのメリット、デメリットを理解し、自分の目的やレベル、適したレッスン方法に見合う英会話スクールを選ぶことが求められます。

では、大手・中小スクールのメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょう。

【大手英会話スクールのメリット】

  • コースが細分化され、自分のレベルあったレッスンをうけられる。
  • 講師の数も多いので相性のあう先生が見つかりやすい。
  • 代替講師がいるので休講のリスクが低い。
  • 教室数が多く通いやすい。
  • レッスン・講師の質が均一化されている。

【中小英会話スクールのメリット】

  • 広告宣伝費をかけないのでレッスン料は抑えめな傾向。
  • レッスン後も指導してくれるなど融通を利かせてくれることも。
  • 講師とプライベートで仲良くなりやすい。
  • 生徒数が少ないので講師とコミュニケーションをとりやすい。

【大手英会話スクールのデメリット】

  • 広告宣伝費が入会金・レッスン料に反映されてしまう。
  • 生徒1人ひとりに対して細かいケアがしにくい。
  • 対応がマニュアル化されている。

【中小英会話スクールのデメリット】

  • 講師数が少ないため休講のリスクがある。
  • 教室によって講師やレッスンの質にムラがある。
  • 都合のよいロケーションに教室があるわけではない。
  • レッスン・コースの種類が大手ほど豊富でないことも。

このように、利点・欠点は一長一短であり、また大手であったとしても英会話スクールによってもレッスンの質や差があります。 ですから、「大手だから」「中小だから」で決めるのではなく、自分のニーズに最適な教室であることがもっとも重要なポイントなのです。

目的別で選ぶ!横浜でおすすめの英会話スクール

目的別で選ぶ!横浜でおすすめの英会話スクール